MENU

交通事故で弁護士に相談すべき理由とは?

交通事故では身体的なダメージの次に心配なのが、お金の話ではないでしょうか?

 

しっかりと治療を行うためにも、そして今後の自分と家族の生活のためにも、できるだけ多くの賠償金を得たいと考えるのは当然ですし、大人としての責任感ある態度だと思います。

 

そこで損害賠償金を増額させるためのカギとなるのが、何といっても弁護士への依頼です。

 

このページでは、交通事故の示談交渉で弁護士に相談・依頼することのメリットをまとめています。

 

そして気になる、
相談無料・着手金不要・完全成果報酬・全国対応の弁護士事務所
の比較情報も掲載していますのでご参考にしてください。

 

交通事故専門の弁護士事務所の比較はこちらへ

 

保険会社の言いなりになるとこんなに損する!

保険会社の説明

 

交通事故の損害賠償でもっともやってはいけないこと、

 

それは保険会社から言われるままに書類に印を押すことです。

 

なぜなのでしょうか?

 

それは、保険会社は相手が交渉してくることを見越した上で、故意に低い賠償額を提示してくるためです。

 

でも、これは考えてみれば当然ではないでしょうか?

 

保険会社だってボランティア団体ではないのですから、少しでも多くの利益を残していかなければ会社として存続できません。

 

そのためには、会社から支払うお金は最大限少なくしておかなければなりません。

 

それで、賠償金を少しでも少なく見積もるためにいろいろな手法が用いられます。

 

例えば、

  • 独自の計算方法で計算する
  • 故意に計算の明細を表示しない
  • 慰謝料や通院交通費や休業損害を故意に計算に含めない

などです。

 

「そのようなことをして違法ではないの?」と思われるかもしれません。

 

実は交通事故の示談においては、両者が合意さえすればすべてOKなのです。

 

つまり、どんなに計算がおかしくても、どんなに低額に思える賠償金でも、あなたが合意の印鑑さえ押してしまえば、それで正当な解決とみなされるのです。

 

交渉しますか?交渉しませんか?

 

交渉すれば、ほぼ増額される見込みのある交通事故の賠償金ですが、分かっていても実行に移せないという方も少なくありません。

 

中には保険会社の社員さん達のことを考えて、やさしい気持ちで譲歩する方もおられるかもしれません。

 

でも、やはり一番に守るべきは自分の家族や近しい人の幸福ではないでしょうか?

 

増額された賠償金は、子どもさんの将来の教育費や親の介護の費用に充てられるかもしれないのです。

 

幸せな家族

 

そして交渉に気の進まない方の中には、もともと気が弱いほうで交渉事が苦手という方もおられますが、一番多いのがどのように交渉してよいか分からないという方です。

 

保険会社の社員は毎日のように交通事故賠償の交渉を繰り返しているプロフェッショナルです。

 

言葉は悪いですが、賠償金を値切るプロといってよいかもしれません。

 

一方で、たいていの交通事故の被害者は法律の知識も皆無で、交通事故に遭った経験もあまり多くはないことでしょう。

 

そうなると、交渉に必要な知識も経験も大人と子どもの差ぐらいありますから、結果は行う前から見えていると言ってもいいかもしれません。

 

そこで、交通事故の示談交渉の仕方がわからない方や交渉を苦手とする方におすすめなのが、弁護士に相談するということなのです。

 

交通事故を弁護士に相談する3つのメリット

交通事故 弁護士 相談

 

交通事故の損害賠償に関して弁護士に依頼すると、大きくは以下のような3つのメリットがあります。

 

もらえる賠償金がアップする

 

賠償金の増額はやはり一番のメリットです。

 

例えば、以下のような例があります。

 

事例2

(弁護士法人ステラのサイトより)

 

事例3

(弁護士法人天音法律事務所のサイトより)

 

事例1

(弁護士法人FLATのサイトより)

 

なぜこれほど多額の増額が可能なのでしょうか?

 

ひとつには前述の通り、保険会社が計算をちょろまかしている場合があり、弁護士がきちんとチェックすることで不備が見つかって増額につながるというケースがあります。

 

しかし、増額につながるもっとも大きい理由は、弁護士基準で計算して請求するためです。

 

弁護士基準とは、裁判を行えば認められるであろう最大限の計算基準です。

 

そもそも保険会社が独自に定めている計算基準は、この裁判で認められる基準よりずっと低い金額になるよう設定されています。

 

そのため、弁護士が請求することによって、計算されてくる金額がグンと引き上がるのです。

 

治療に専念できる

 

弁護士に相談し依頼につながると、依頼者の代わりに代理で保険会社と交渉してくれます。

 

ですから、被害者自は保険会社と交渉しなくて済み、煩わしさやストレスから解放されるので治療に専念できます。

 

また、保険会社から治療の打ち切りや休業補償のストップを言い渡される事例も少なくないのですが、弁護士が入ることで治療と休業補償を延長させることが可能であり、しっかりと治療を受けられます。

 

精神的な支えが得られる

 

交通事故に関する交渉のプロである保険会社と素人である被害者が交渉すると、悔しい思いをしたり、落胆させられることも多いものです。

 

でも、弁護士を自分の味方につけると、精神的に動揺させられたり、プレッシャーを感じることも少なくなり、安心感が得られます。

 

示談交渉において弁護士に相談できないと、法律的なことも含めて何から何まで自分で調べて理解しなくてはなりません。

 

しかも保険会社のほうは、素人が得られる程度の知識を十分に踏まえた上で対応策も練っていますから、被害者側はやればやるほど気落ちしていくばかりになります。

 

一方、不安になった時、何か分からないことが生じた時、弁護士にいつでも相談できるというのは本当に心強いですし、今後のことを考える上でも大きな助けになります。

 

弁護士に依頼すると高くつくのでは?

交通事故 弁護士 相談

 

多くの方が心配されるのは、弁護士に依頼すると高くつくのではないか?という点です。

 

これに関しては、まったく心配ご無用です。

 

なぜなら、着手金不要・完全成功報酬で依頼を引き受けてくれる弁護士事務所があるためです。

 

完全成功報酬というのは、賠償金が増額された場合のみ報酬を支払うというものです。

 

つまり、依頼するリスクはほとんどないわけです。

 

もともと増額分は交渉しなければ1円も入ってこないお金だったわけですから、たとえその一部を弁護士に支払うとしても十分にメリットが大きいのではないでしょうか?

 

また、もう一度ご自分の保険証券をご覧になって、「弁護士費用特約」というものが付いていないかどうかを確認してみてください。

 

もし「弁護士費用特約」がついていれば、弁護士費用は自分の保険からも支払えます。

 

弁護士費用特約では最大300万円分の弁護士費用が保険会社から出ますから、これを利用すれば増額分についてもまるまる自分に入ってくることもあるわけで、もし「弁護士費用特約」がついているなら利用しなければ確実に損します。

 

全国対応の交通事故専門弁護士の比較

 

弁護士事務所のすべてが交通事故問題に強いわけではありません。

 

むしろ交通事故を得意とする弁護士事務所は数が少ない傾向にあります。

 

そのような中で、交通事故に強くて、なおかつ相談無料・着手金不要・完全成功報酬の弁護士事務所を比較しましたので、ご参考にしてください。

 

交通事故専門の弁護士事務所

弁護士法人FLAT
弁護士法人FLAT 弁護士法人FLATの特徴

・全国エリア対応
・電話やメールで24時間365日相談受付(フリーダイヤルあり)
・相談は無料で土日や夜間も対応可
・出張面談も可能
・着手金無料、完全成功報酬
・弁護士費用特約利用可
・交通事故被害者のサポートに特化した事務所
・女性弁護士2名を含む4名の弁護士が所属

料金体系
成功報酬20万円+賠償金の10%(税別)
所在地
〒102-0074 東京都千代田区九段南3丁目5-7 エミナンス九段5F

 

 

弁護士法人ステラ
弁護士法人ステラ 弁護士法人ステラの特徴

・相談は何度でも無料
・フリーダイヤルで携帯電話の通話も無料
・着手金無料、完全成功報酬
・全国エリア対応
・弁護士費用特約利用可
・24時間365日受付
・3名の男性弁護士が所属
といった点があります。

料金体系
成功報酬20万円+賠償金の10%(税別)
所在地
東京都新宿区四谷2丁目8番地 新一ビル1101号室

 

 

弁護士法人天音法律事務所
天音法律事務所 天音法律事務所の特徴

・相談は何度でも無料(メールのみ)
・24時間365日受付
・着手金無料、完全成功報酬
・全国エリア対応
・弁護士費用特約利用可
・出張面談にも対応
・3名の男性弁護士が所属
といった点があります。

料金体系
成功報酬20万円+賠償金の10%(税別)
所在地
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-7-2 VORT永田町9階

 

 

まとめ

交通事故で保険会社の提示する賠償金額は低いことがほとんどです。

 

もう少し内情を説明すると、保険会社の賠償金計算の基準には幅があり、ある程度まで担当者の裁量に任されているようです。

 

示談の担当者は、相手を見て「これぐらいかな」という感覚で賠償金を提示します。

 

保険会社の担当者は、相手が増額を求めてきたら裁量内で少し金額を上げることもありますが、それでも最大限に金額をアップしても弁護士が計算する金額よりはずっと低いものです。

 

つまり、弁護士に依頼すれば、ほとんどのケースで賠償金が増額されるということです。

 

あとは、増額される見込みの金額が弁護士への報酬を支払ってもなお余るかどうかという点が依頼を決めるポイントとなります。

 

これについては、事故の被害状況やそれまでの経過、弁護士費用特約の有無などによって変わりますから、まずは相談してみなくてはわかりません。

 

メールの相談申し込みの際に入力する情報で、依頼するメリットがあるかどうかの判断をある程度してもらえますから、比較的早くはっきりすることと思います。

 

このページでは、交通事故専門・相談無料・着手金無料・完全成功補報酬の三件の弁護士事務所をご案内させていただきましたが、個人的には事務所全体で交通事故に特化している「弁護士法人FLAT」がおすすめかなと思います。